風俗に厳しい現代。福原の風俗にはどういった特徴があるのか?

ソープランドは現在、日本全国どこでも減少傾向にあります。

風俗営業法などの規制が厳しいので新規事業者として参入することは難しいのです。

新規店の申請に関してはとても厳しくなっています。

そんな中でソープ街と呼ばれるエリアは残っています。

関西エリアでは兵庫県の福原と滋賀県の雄琴が有名です。

兵庫県尼崎市や和歌山県和歌山市のぶらくり丁にもソープランドはありますが数店舗という程度で比較にはなりません。

ソープランドでも軒数も多くリーズナブルな大衆店から、びっくりするほどの値段がついている高級店まで、いろいろな選択肢のある風俗は兵庫の福原と滋賀の雄琴だけでしょう。

福原の特徴としては綺麗で若いソープランド嬢が多いということではないでしょうか?大阪からでも1時間弱でいけますしアクセスがとっても便利なので利用客も多く激戦区になっています。

必然的にサービス内容もシビアで洗練されています。

「衛生面」や「性的サービス面」や「ソープランド嬢のクオリティ」も揃っているのです。

競争が激しくないエリアならば独占的な感じになりますからサービスなどが中途半端でもお客様は来てくれるでしょう。

しかしながら福原の柳筋周辺には約60店舗ほどのソープランドが密集しているのです。

サービスが悪ければクチコミ情報でも広がっていきますしソープランドを営業する死活問題になりかねません。

ですのでソープランド嬢の面接は厳しくなっておりますし、テクニックや接客などの教育面も積極的に行っています。

こういったところからとてもレベルの高いソープランド街になっているのです。